転職

得意な業界や持っている企業の情報数は、転職エージェントによって違います。
転職エージェントを利用する場合は、複数登録する事が基本になります。

面接、必要書類などのアドバイスやカウンセリングで頼りになるキャリアアドバイザーですが
相性が合わなければ思うように転職活動が上手くいかない可能性もあります。
コミュニケーションが上手くいかなければ、求職者の性格や要望などを
上手く理解してもらえない可能性もあります。
非公開求の応募に紹介状を書くのはキャリアアドバイザーですから
信頼できる人が担当になってくれるにこしたことはありません。

複数の転職エージェントを利用して自分にぴったりのキャリアアドバイザーが見つかれば
安心してサポートを受けられるのではないでしょうか?
サポート体制も、一人のキャリアアドバイザーが採用まで担当する所もあれば
面談等は当番制で、応募する企業が決まってから担当が付く転職エージェントもあります。

何より複数登録すれば、その分求人情報も増える事になりますから
良い企業に出会えるチャンスも増やすことが出来ます。

 

~良い転職エージェントかどうか見極めるポイント~

  • 非公開求人を含むすべての求人数をどれだけ持っているか
  • 大手優良企業や転職困難とされる人気企業との実績があるか
  • 自分の行きたい業界や専門分野に強いキャリアアドバイザーがいるか
  • 利用者やネットなどで口コミや評判などは悪くないか

 

特に、専門職の求人を探している場合は
その業界や専門職についての知識や人脈のある人が
担当のキャリアアドバイザーになってくれれば相談できる内容も広くなりますし
業界独特の転職活動の傾向や対策を聞くことが出来るかもしれません。

ビル

転職活動の事ばかりに気が行ってしまい
現在働いている職場に迷惑は掛かっていませんか?
トラブルなく円満に退社する事が出来なければ、
せっかく決まった転職先に迷惑がかかったり、
転職自体がダメになってしまう事も考えられます。
転職活動と同時期に行わなければならない退職活動について考えてみましょう。

 

職場への退職届の準備は2ヵ月前にはしておきましょう。
一般的には上司に辞める意思を伝えるのは2週間前までと言われていますが、
企業によっては就業規定などで定められている事もありますし、
引き継ぎの準備にも時間がかかります。
退職準備や退職届などの事を上司と相談しておきましょう。
消化していない有給休暇をまとめて消化したいからと、
突然休暇をとって引き継ぎがおろそかになる様ではいけません。
有給中に新しい職場で働く事はやめておきましょう。
在籍している会社が副業禁止だった場合違反行為にあたります。
退職前にクビになってはシャレになりません。

 

引き継ぎが上手くいなければ、退職後に元の職場から連絡が入って
新しい仕事に影響があってはいけませんし、いくらいなくなるからと言っても
職場の空気や仕事の効率を妨げる事になってはいけません。
『経つ鳥跡を濁さず』社会人のマナーとしてふまえておきましょう。
同じ業界での転職ともなれば、噂話はどこから伝わるか分かりません。
人の悪口は、背ビレや尾ビレがついて面白おかしく伝わってしまいますし
良い噂ならば、広まって困る事はありません。
引き継ぎや退職は円満を目指しましょう。

 

会社から受け取る物も確認しておきましょう。
・雇用保険被保険者証
雇用保険被保険者証が無いと、雇用保険を受けとる事が出来ません。
・年金手帳
転職先が決まっていまい状態で退職する場合は、
退職後14以内に国民健康保険に加入する必要があります。

 

退職金を受け取ったら、退職金の税金の手続きもしなければなりません。
退職所得の申告書を会社に提出するかによって手続きは異なります。
申告書を提出していない場合は翌年に自分で確定申告をする必要があります。

企業の求人を転職希望者に紹介してくれるのが
キャリアアドバイザー(CA)です。
転職エージェントではCAと転職活動を進めていく事になるので、
CAの技量次第で紹介される企業も左右されてしまいます。
自分に合わなければ担当のCAを代えてもらう事も出来るので
面談や相談の際にはCAがどんな人なのか見極めてみましょう。

 

CAを見るポイントとしては
面談などで話をしてみて、あなたの強みを見出してくれるかどうか。
CAがあなたの希望する職種や企業についての知識や、
転職活動に対しどこまで熱意のある対応をしてくれるかが重要ですが、
希望する職業に対し、あなたのどこを強みとしてアピールするかを
しっかりアドバイスしてくれる人は頼りになる人です。
なぜなら、職務履歴などでは伝わらないあなたの人柄や魅力などを
推薦状にして職務履歴と共に企業の採用担当者に提出するからです。
面談やメールのやり取りで文章力を感じたり、
その企業独特の対応法などをアドバイスしてくれる人は頼れる存在です。

 

CA

 

メールや面談、電話での対応などで
あなたがCAをどんな人物か分析している時
あなたもCAに分析されている事を忘れてはいけません。
挨拶や転職活動に対する姿勢など、面談や日頃のやり取りで
あなたの印象が決まります。
転職エージェントもボランティアではありません
社会人としての常識が無い人や、やる気のない人に
大事な企業の情報や転職チャンスは与えません。
もう一つ気を付けておきたい事は
転職エージェントの職務規定として、求職者から得た情報を
意図的に秘密にしておくことは禁止されています。
つまり、CAへ渡す情報は転職エージェントで共有される事
さらに、悪口などのネガティブな情報は
推薦状に影響する可能性が高い事を心がけておきましょう。

何故企業が転職エージェントに費用をかけてまで
非公開求人を出すのには理由があります。

早急に人材がほしい企業は非公開求人をつかって人材を募集します。
多くの求人情報を扱雑誌や転職情報サイトなど、多くの求人情報を扱う所では
依頼をしてから求人喝采までに2週間から1ヶ月かかる場合があります、
急な欠員を補充したい場合は非公開求人という形で募集する事が多くなります。
つまり、非公開求人には出来るだけ早く自分の企業に来てもらいたい
即戦力となる人材を求めている情報が含まれるという事です。

 

応募数が多すぎる企業も非公開求人を利用します。
人気の企業や人気の職種では、応募が殺到する為
企業の面接にかかる負担は大きくなります。
そこで転職エージェントに非公開求人をかけて、
応募者の中から優秀な人材を選び出してもらいます。
転職エージェントとしても、企業に対しての信用がありますから
より良い人材を選び、企業の求人情報を提供します。

 

他にはライバル会社に秘密にしたい求人です。
新商品や、新プロジェクトの求人を大体的に行えば
ライバル会社に知られてしまうため、非公開求人をかけて人材を募集します。

 

非公開求人の情報が得られる事は大きなメリットですが
競争率は高くなる点と、企業の転職エージェントに対する評価の事もあり
企業側に推薦する人間をまず転職エージェントがふるいにかけます
この選考にもれてしまうと履歴書自体が企業に届くことはありません
転職先がなかなか決まらない時でも、あなたが企業に合わないのではなく
転職エージェントが推薦しないだけと言う時もあります。
転職エージェントは複数登録して利用しましょう。
また、自分の事情価値を知る方法として、
スカウトサービスを行っている求人情報サイトとの併用をお勧めします。
スカウトサービスに登録していれば、あなたの職務履歴にどんな企業から
反応があるのかを知る事が出来ます。
その結果をふまえて、新たに気になる職業が出来るかもしれませんし
希望する仕事への対策を考える必要が出てくるかもしれません。

 

 

求人情報サイトと転職エージェント
どちらも無料で求人情報を得られるものなので上手く活用いきたいのですが、
それぞれにメリット・デメリットがあります
自分のスタイルにあった転職活動に有利な方はどちらでしょう?
大きな違いは、求人情報サイトは自分で転職活動をする。
転職エージェントはキャリアアドバイザーの
サポートを受けて転職活動をする事です。

 

■求人情報サイト
検索型の転職サイト。求人情報サイトに登録された企業の求人から
自分で検索して企業を探し出し、応募します。
必要な書類や面接も自分で準備と段取りと付けなければなりません。
公開情報は転職エージェントよりも多いです。
求人検索で気軽に求人情報を集める事が出来きます。
スカウトサービスを利用できる場合、
自分を気に入ってくれる企業を探す目的で登録を利用みるのも良いですね。
必要な情報収集や面接対策など、すべて自分で行わなければなりませんが、
検索型の転職サイトでは、転職が成立しても企業が転職サイトに
費用を払う必要が無いため、同じレベルの求人が
転職エージェントからもあった場合企業側としては、
求人情報サイトからの求人を優先させます

 

■転職エージェント
コンサル型転職サイト。非公開の求人情報が得られ
転職のプロであるキャリアアドバイザー(CA)からのサポートを受けられる。
希望する職種や企業への転職相談やアドバイスを受けられます。
自分では気づかなかったアピールポイントやPR方法、面接対策など
企業に合わせた効果的なアドバイスをしてくれます。
また、個人では直接言いにくい給料の事などを
代わりに企業に交渉してもらえます。
転職エージェントによって得意な業界や企業がある場合あがるので
希望する業界に特化したエージェントを選べば有利に転職先を探せます

CA

転職を考える理由として
・会社の将来が不安
・他にやりたい仕事がある
・もっと専門知識や専門技術を身に付けたい
・残業が多い、休日が取れない
などの意見が男女共に多く聞かれますが
女性の場合、家庭環境の変化と雇用形態がかみ合わないという問題も多く
中にはパワハラやセクハラを受けている場合もあります。
職場で相談する相手が身近にいない場合はつらいものです
働きやすい環境を作る為にセクハラ110番などの悩み相談を利用して、
対応策や基礎知識を身に付けてみるのも良いかもしれませんが、
パワハラやセクハラの無い新しい職場での再スタートを考える人もいるでしょう。

 

人それぞれに転職理由がある訳ですが、せっかくの再スタートや
新たなチャレンジで失敗したくはありません。
転職活動を始める決意をしたならば、まずはキャリアプランを考えましょう。
キャリアプランとは、自分がこれからの人生でどんな仕事をしていきたいか。
結婚や子育てなどをするにあたって、給料に無理が無いか。
将来的に着きたい仕事がある場合、
スキルやキャリアを磨くために就いておきたい仕事は何か、
その為に必要な資格や転職に役立つ資格を取得しておくなどの
人生設計を立てる事です。
今の仕事について、就きたい仕事や挑戦してみたい仕事など
自己分析を進めていきましょう。

 

自分が求める新しい職場や仕事への目標や計画などを
客観的に再確認してみましょう。
転職の際に面接時で必ず聞かれる事の一つに転職動機があります。
転職者にもっとも多く求められるものは即戦力です。
特に、専門知識や技術を活かして働きたいと言う場合などには
その仕事に対する熱意を伝えなければなりません。
しっかりとした自己分析を進めておきましょう。

 

転職はしたいけれど、どんな仕事を探せばいいのかが
はっきり決まっていない人も、やりたい事・やってみたい事を考えて
その為に必要な知識や技術が分かれば、目標や課題がわかります。
客観的な自己分析をしてキャリアプランを立ててみましょう。